【外飼い・室内飼い別】柴犬の寒さ対策とおすすめの防寒グッズ4選

おきみ
クシュンックシュンッ
伝助
おきみちゃん風邪ひいたの?
おきみ
ん~最近寒くて。ちょっと寒気がする。
伝助
おいらたち毛で覆われてるけど、寒い時はやっぱり寒いよね~

お外で飼われていることも多い柴犬ですが、防寒対策はみなさんどうしていますか?

初めて迎える冬というわんちゃんもいるかもしれませんね。
この記事では、柴犬の防寒対策をご紹介していきます。

柴犬が寒さに強いと言われる理由

柴犬の被毛はダブルコート

日本の風土に順応した日本犬である柴犬は、冬の厳しい寒さにも比較的強い犬種です。
寒さを凌ぐ秘訣は、その被毛にあります。

シングルコート(単毛):固くて太いオーバーコート(上毛)が殆ど。防寒の役割の絹のようなアンダーコート(下毛)がわずかしかないもの。

ダブルコート(二重毛):オーバーコートとアンダーコートの二重構造からなるもの。

柴犬はダブルコートの犬種で、年に二回換毛期があります。
春には、密度が高く保湿性に優れた冬毛から通気性の良い夏毛へ変わり、秋には夏毛から冬毛へと変わります。
この二種類の毛が季節により生え変わることで、夏は過酷な暑さから、冬は厳しい寒さから身を守っているのです。

柴犬が寒がっている時のサインは?

寒そうにしている時の基本的なサインは、震えているときや体を小さく縮めている時、丸まってじっと動かない時などです。

また、散歩に行きたがらなくなったり、水を飲む量が減るなども寒がっているサインといえます。

水を飲む量が減ってしまうと泌尿器系の病気にかかりやすくなってしまうので、部屋やハウス内を暖かくするなどして、犬がきちんと水分を摂取できる環境を整えましょう。

寒すぎる環境に身をおいてしまうと、人間と同じように体調を崩してしまったり、下痢になったりと健康状態に影響を及ぼします。

いくら寒さに強い犬種とはいえ、防寒対策はしっかりとしてあげたいですね。

次は柴犬の防寒対策をご紹介します。

 

外飼いの柴犬の寒さ対策と防寒グッズ

ブラッシングも防寒対策

実はブラッシングも、防寒になります。
柴犬のアンダーコートは柔らかく、細く、絡まりやすい毛のため日々のブラッシングは欠かせません。

ブラッシングすることによって柴犬自身の血行が良くなり、また毛の根元に空気の層が出来るため、保温効果が高まるのです。

下からくる冷気を遮断しよう

柴犬も含め犬はお腹周りの毛が薄いため、下から来る冷気が苦手です。

毛布やブランケットなど、敷物をケージやハウス内に入れることで、体感的な寒さを和らげてあげる事ができます。

毛布を入れても寒そうにしている場合は、湯たんぽやお湯を入れたペットボトルをタオルで包んで入れてあげるのも良いでしょう。

おきみ
次は防寒グッズを紹介するよ
  • 電気不要のホットマット

柴犬自身の体温を反射して温めてくれる『電気不要のペット用ホットカーペット』のような商品も最近は販売されています。

  • 犬用ダウンジャケット

個体によっては極端に寒さに弱い柴犬もいます。

寒くなってきた途端あまりにも散歩に行きたがらないようであれば、犬用のダウンジャケットを着せて行くのも手かもしれません。

柴犬サイズ目安:XLサイズ

室内飼いの柴犬の寒さ対策と防寒グッズ

室内温度は外気との寒暖差に注意

柴犬を室内で飼育している場合は、エアコンの温度設定にも気を配りましょう。

犬が快適に感じる温度は犬種によって異なりますが、一般的に室温22℃前後、湿度50~60%が適温湿度と言われます。

外気との温度差があまりないように、エアコンの設定には気を配りましょう。
老犬や子犬の場合は、適温よりも2℃ほど設定温度を上げるなどして、寒くないようにしてあげると良いでしょう。

部屋を暖めようと暖房を入れると空気が乾燥しやすいので、濡れたタオルを部屋干ししたり、加湿器を設置するなどの対策もしましょう。

サーキュレーターでより快適に


また、冷たい空気は暖かい空気よりも低い場所に溜まります。

犬は人より低い場所にいますので、エアコンと併せてサーキュレーターを併用することで、空気を上から下までかき混ぜることが出来ます。

ケージの位置にも工夫

ケージで飼育しているのであれば、ケージの位置をずらすことも有効な手段です。

日当たりのいい場所にケージを移してあげれば、暖房がなくても暖かく過ごせるでしょう。
ただし、直射日光は避けてください。

床暖房やホットカーペットを使う場合は、犬が暑さを感じたときにいつでも涼しい場所に
移動できるよう、スペースを作ってあげましょう。

床の一部にすのこを敷いたりするなどし、自分で涼しい場所に行ける環境を作ってあげると、犬は快適に過ごすことができます。

アイリスオーヤマ 角型 PHK-LL/サイズ:幅約50cm×奥行約38cm

犬 ベッド 夏用 すのこ ペット用スノコ 小型犬用 暑さ対策 涼しい ベッド ベッド 無垢材 かわいい 木製 スノコベッドM 残暑【送料無料】北海道産のパイン材で作りました 犬 ケージ ゲージ

価格:9,800円
(2018/11/13 15:35時点)

まとめ

寒い冬のお散歩は、はわんちゃんも飼い主さんも億劫になりがち。
でも、冬でも散歩には必ず行き、寒さに慣れさせましょう。

適度な運動は筋肉をつけたり、代謝を良くするために効果的ですし、ずっと室内にいることは柴犬にとってストレスになることも多いからです。

室内犬の場合は、暖房で暖かな部屋からいきなり外に出てしまうと、筋肉や呼吸器などに負担がかかることもあるため、玄関などの少し肌寒い場所でウォーミングアップをしてからお出かけするのがオススメです。

おきみ
あたいの部屋にこたつ入れてよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA